はい、こんにちは根黒ぷれ子です。

今日のテーマは「水草の枯れる原因と対策」

どうして水草が枯れてしまうのか、そしてその対策はどうしたら良いのか。

そんなお話だよ。

水草が枯れる原因と対策

虫季萌菜虫季萌菜

水草が枯れてしまうのってなんでですの?


根黒ぷれ子根黒ぷれ子

上手に育てれていないからとかかなぁ。


虫季萌菜虫季萌菜

いや、それはわかるんですけどね……って「とか」ってなんですの?


根黒ぷれ子根黒ぷれ子

ん?上手下手以前の問題もあったりするからね。


虫季萌菜虫季萌菜

へぇ、そうなんですね。

水草がどうして枯れてしまうのか。

ここから「よくある原因」をまとめていくよ。

 

「原因を知れば対策を立てやすい」

これはとても大事なことだから、しっかり覚えておいてね!

原因1:光量不足

初心者さんがやりがちなミスの代表的なのがこの光量不足だ。

水草は植物。

光合成をするためにどうしても光が必要だからね。

その光が不足していると……上手く育たないことがあるんだ。

「ライトが弱すぎる」

水草が上手く育たない時はまずそれを疑ってみよう。

 

ライト選びはなかなか難しいのだけど、最初は「そこそこのスペック」のものを使うようにすると良いよ。

水槽のライトを選んでみよう!

そうすれば、「足りない」としても「足りなすぎ」とかにはなかなかなりにくいからね。

 

安価なライトは、ただ水槽内を「最低限照らす」くらいしかできなかったりするから注意が必要だよ。

あとは水草が育ちすぎて影を作ってしまい、下の方の水草が枯れてしまうなんてパターンもあることも覚えておこう!
そういった時はトリミングして調整してあげることが大事だよ。

原因2:光の波長

最近の水槽証明といえばLEDが主体だよね。

例えばこれ。

これは、フラットLEDという製品なんだけど「それなりに水草も育つ」ことで愛用している人が結構多いんだ。

水草LED
このLEDをcharmで見る
本店

ここで注目してほしいのは、使われているLEDの色。

白だけでなく赤、青のLEDがあるでしょ?

実はこれは水草の育成に必要な光の「波長」を考えてのこと。

ちょっと難しい話なんだけど、植物ってどんな光でも良いわけではないんだよね。

効率良く育てる、きれいに育てるにはそれに適した波長の光が必要。

だから照明選びは難しいと言われているんだね。

 

水草の育成を視野に入れて開発されているようなライトを使うと良いね。

原因3:肥料不足

「植物は光を当てて水をあげておけば育つもの」と誤解している人は本当に多いんだ。

だから水の中にある植物は「ほっとけば育つ」と思われてしまうんだよね。

確かにそういう感覚で育つ水草もあるんだけど、なんだかんだ「栄養」つまり肥料を欲しがる植物があるんだ。

栄養豊かなところに生えていたりする水草とかね。

当然そういった植物は肥料不足になると、機嫌を損ねてしまうんだよね……。

 

でも肥料は「入れれば良い」というものでもない。

入れすぎると苔がはえたり、植物の調子を崩してしまったりもするんだ。

だから肥料を好む水草は「難しい」と言われていたりするんだね。

 

水草によっても好む肥料は違うから、じっくり学んでいこう。

このあたりは簡単には行かないから、水草に詳しいお店とか、本とかでしっかり学んでいこうね。

原因4:水温

水草にはそれぞれ、耐えられる水温というものがあるよ。

温かい国の水草を冷たい水にいれてしまったり、水温が高くなりすぎてしまったり。

そういう時に調子を崩してしまうことがあるってことだね。

水温計
この水温計をcharmで見る
本店

水温は魚を飼育する時に気にするものだと思っている人も多いけれど、水草でも気にしてあげるようにしようね。

だいたいよく流通している水草は、暑すぎず、冷たすぎず、魚を飼育する感覚でだいたい行けるけどね。

そういったものが「熱帯魚とともに育てる(育てられる)水草」として流通するわけだからね。(もちろん例外もあるよ。)

原因5:入手状態が悪かった

水草は、種類によってはかなり弱った状態でも復活させられることもある。

でも、どんなものにも「限界」はあるんだ。

つまり入手した時点ですでにその限界を迎えていた水草は……育たないということ。

 

販売されている時点で、葉の色が悪い、硬いはずの軸がふにゃふにゃになっているようなものは避けるようにしよう。(水草に限らず植物って、パッと見葉はキレイなんだけど実はだめになっていた……なんてこともあるからちょっと難しいのだけど……うん。)

原因6:実は枯れてない

枯れた!と思いきや実は枯れてない。

そんな水草は案外あるよ。

例えばクリプトコリネ。

クリプトコリネ
この水草をcharmで見る
本店

クリプトコリネは環境が変わると「葉が全部溶けてしまう」ことがあるんだよね。で、その後何食わぬ顔で生えてくる。

そこで勘違いして捨ててしまうというパターンは、ちょこちょこあるんだよ。

クリプトコリネを育ててみよう

 

環境が変わった時に一度調子を崩し、そこから持ち直す。

サトイモ科の水草によくあるパターンな気がするね。

もちろんそのままダメになるパターンもあるのだけど……。

原因7:水質が合わない

水草は弱酸性の水が好き。

これはよく言われていることなんだけど、全ての水草がそうではないんだよね。

弱酸性って何?

それぞれ好む環境が違うってことだね。

pH
この水質管理器具をcharmで見る
本店

例えば「水質を弱酸性で安定させるソイル」を使った水槽。

※ソイルには様々なタイプがありますので購入前に確認しましょう。
※ソイルには水草育成に「水質」以外にもメリットとなる性質があったりします。

 

水草育成は水質面なども含めて「水質を弱酸性で安定させるソイル」が最適!とよく言われていて実際そういう製品を使うととても良く育つんだよね。

ソイル
このソイルをcharmで見る
本店

でも、水草の中には「水質を弱酸性で安定させるソイル」が合わないというか「砂利のほうがよく育つなこれ……」なんてこともあったりするんだよ。

まぁ水草は世界のいろいろなところに生えているからね。

好む環境は結構違うと覚えておこうね。

 

よく見かける水草のほとんどは弱酸性が好きだから、立ち上げたばかりの水槽で水質がアルカリによっているときはちょっと育ちが悪い時もあるね。

その手の水草はそのアルカリの期間にダメになるか、もちこたえて後々水質が弱酸性になってきた時に落ち着いてくるか……などちょっとその先の結果が想像しづらくなるよ。

デリケートな水草は落ち着いた水槽に導入するようにしよう。(アルカリ性を好む水草はなかなか流通していないけど、無いわけではないってことは忘れないようにしておこう。)

原因7:水流がいいかんじじゃない

これは意外と盲点なんだけど、水草は水流との相性もあるんだ。

「あれ?なんかフィルターの水の吐出口のところのだけ調子悪いなぁ」なんて時はちょっと水流の具合を見直してみよう。

 

逆に水がよどみすぎていると拗ねてしまう水草もあるね。

大体の水草は穏やかな水流の水槽のほうが良いと言われるから、強すぎない水流の環境から調整していくとやりやすいよ。

ただあんまり水の流れが悪かったりすると調子を崩す水草もあるから、そこは要注意だね。

原因8:二酸化炭素不足

水草が育つのに必要な二酸化炭素。

水槽の中にある二酸化炭素だけで育つ水草も多いんだけど、水草の種類によっては、二酸化炭素をいれないと上手に育たないということもあるんだ。

ただ二酸化炭素はちょっと扱いにコツが居るから、しっかり勉強してからにしようね。

二酸化炭素
この二酸化炭素添加器具をcharmで見る
本店

特に魚のいる水槽はリスクにもなりがちだから、本当に注意しよう。

二酸化炭素の魚へのリスクって?

原因9:扱い方を失敗した

水草を買ってきたら、当然自分の水槽に移すよね。

その時に扱い方、植え方を間違ってしまうと……水草をダメにしてしまうことがあるんだ。

例えば、空気中に放置しすぎて乾燥させてしまったり、無理に植え込もうとして大事な部分を折ってしまったりだね。

 

水草は水中という特殊な環境に身をおいているから、空気中だと浮力が働かず変なふうに力がかかって簡単に折れてしまうことがあるから本当に注意してね。

乾燥防止は、バケツや、水を張ったトレーなんかに植える前の水草を入れておくようにすると良いよ。

水草を枯らさないのは案外難しい

虫季萌菜虫季萌菜

なんか水草って難しいですわ。


根黒ぷれ子根黒ぷれ子

うん、まぁ二酸化炭素無いと育たないと言われる水草でも無しで育てれたりしちゃうからな。


虫季萌菜虫季萌菜

そんなことあるんですの?


根黒ぷれ子根黒ぷれ子

うん、ある。ただその場合は他の条件が「なんかいいかんじ」なんだろうね。


虫季萌菜虫季萌菜

つまり、それとは逆に、世間で言われている環境を揃えてもダメなときもあると。


根黒ぷれ子根黒ぷれ子

うん、あるねぇ。


虫季萌菜虫季萌菜

ふむ……一筋縄でいかないんですわね。


根黒ぷれ子根黒ぷれ子

うん、だからまぁ水草とは長い目で付き合うといいよ。環境に合わなくても、すぐに調子を崩さないこともあるからね、そこで様子を見ながらいろいろ考えていくと良いと思うんだ。


虫季萌菜虫季萌菜

はぁ、なんだかんだ経験なんですわね。


根黒ぷれ子根黒ぷれ子

そうだね、あとは私がこの前レビューした本みたいな水草関連の書籍もチェックしておくと良いよ。


虫季萌菜虫季萌菜

確かに本は役に立ちますね。ねぇぷれ子さん。


根黒ぷれ子根黒ぷれ子

ん?


虫季萌菜虫季萌菜

なんか初心者さん向けに「水草を枯らさないコツ」みたいなのまとめれないんですの?


根黒ぷれ子根黒ぷれ子

うーんそうだなぁ。いろいろ気をつけたいことがあるけど、最初は↓みたいなことに気をつけてほしいかな。

  • 難しい(育て方のわからない)水草には手を出さない
  • 光の強弱や二酸化炭素の有無など、自分の環境に合いそうな水草を選ぶ
  • 植え付けは感想に注意して丁寧に行う
  • 水草の状態は注意深く観察

虫季萌菜虫季萌菜

ふむ。なるほどですわ。


根黒ぷれ子根黒ぷれ子

あとはあれ、水草は「長期的な目線」で見ることだね。成長していくものだから、一時的に調子が良くてもあとで悪くなることもある、環境に慣れてきたら調子が出てくるものある。だからしっかり観察してあげることだよ。


虫季萌菜虫季萌菜

はーい。

まとめ

さて、水草のお話どうだったかな?

水草について調べるのはなかなか難しいけれど、本を読んだり、お店の人に聞いたりしてゆっくり頑張っていこうね。

通販の場合はわからないことを問い合わせたり、通販ページに書いてある解説をしっかり読んだりすると良いよ。

アクアな通販店「charm」ってどうなの?

 

今日お話したみたいに、水草が育つにためには、光、水、栄養など様々な要素が必要だよ。

だから、調子が出ない時は、いろいろな原因を考えてみよう。

原因は一つではないかもしれないからね。

 

さて、そんなかんじで今日の記事も読んでくれてありがとうね!

これからも新しい記事を更新していけるように頑張ろうと思うから、どうぞよろしくなんだ!