こんにちは、根黒ぷれ子です。

今日のテーマは「初心者でも繁殖させやすい熱帯魚」

 

まぁいうなればわりと「簡単」に増やせる熱帯魚のことだね。

でも実はこの「簡単」というのがちょっと落とし穴だったりもする。

今日はそんな注意点なんかにも触れていくから、ぜひ見てみてね。

繁殖が簡単な熱帯魚なんているの?

虫季萌菜虫季萌菜

ねぇぷれ子さん、繁殖って初心者には無理ですよね?


根黒ぷれ子根黒ぷれ子

いや、案外増やすだけなら簡単な熱帯魚はいるよ。


虫季萌菜虫季萌菜

あーグッピーとか増えますもんね。


根黒ぷれ子根黒ぷれ子

まさにそうだね。でもグッピーでも「上手く増えない」ときってあるでしょ?そこが難しいんだよね。


虫季萌菜虫季萌菜

簡単とか難しいとか……ややこしいですわ……。

はい、そんな感じでここから増やしやすい熱帯魚を紹介していくよ……の前に、初心者さんがやりがちな繁殖にまつわる「ミス」を覚えておこう。

  • 増やしすぎる
  • 卵、稚魚の育成ができない
  • 繁殖させようと魚に無理をさせすぎる

繁殖するということは、数が増えるということ。

つまり生まれた魚たちを育てることができる環境がないと、どうにもならなくなってしまうこともあるということだね。

あと魚によっては稚魚が「親とは同じ餌」では育たないことなどの「稚魚特有の育て方」もある。

そういう知識をつけないと、稚魚が全滅ということもありうるから事前に情報収集はしっかりとやろう。

 

そして最後の一つ。

繁殖させようと環境を急変させたり、あれやこれやと水槽に手を加えすぎて魚に負担をかけすぎてはいけないよ。

種類によっては繁殖を促すために「多めに水換え」するなどのテクニックは確かにあるのだけど、それは「通常の水換え」など、その魚を普通に飼育することができるようになった先にあることだということは忘れないようにしようね!

さてさて、前置きが長くなってしまったけどここから私の思う「繁殖させやすい熱帯魚」を紹介していくよ。

繁殖させやすい熱帯魚たち!

グッピー、プラティ、セルフィンモーリーなど

グッピー
この魚をcharmで見る
本店

繁殖させやすい熱帯魚と言えばグッピーを思い浮かべる人が多いと思うんだ。

事実グッピーは繁殖させやすく、飼育していたら「なんか増えちゃった」なんてこともあるんだよ。

そしてそんなグッピーだからこそ気をつけたいこともある。

それについては↓の記事にしっかりまとめてあるからグッピーの繁殖にチャレンジしたい人は是非見てみてね。

グッピーの飼育繁殖まとめ

 

他にもグッピーと同じ「卵胎生メダカ」と言われる魚たちの中には繁殖させやすいものが多いね。

プラティ、セルフィンモーリー、ブラックモーリーなどのメジャーどころの魚は初心者でも増やしやすいことで有名だよ。

(ただ卵胎生メダカの中には、ちょっと繁殖が難しいものなどもいるから、マニアックに掘り下げていく時は注意が必要だよ。)

 

あと、プラティ、セルフィンモーリーなどなどみんな身体の大きさが違うから、注意が必要だよ。

種類の違う卵胎生メダカ同士の混泳は「オスが別の種類の魚のメスを追い回したり」などをしてしまうときもあるから、注意しようね。

卵胎生メダカ図鑑

コリドラス(のうちのいくつか)

アエネウス
この魚をcharmで見る
本店

コリドラスは案外、初心者でも繁殖させやすい魚だと知られているよ。

ただそれは一部の種類のこと。

コリドラスには、今まで数々のマニアが挑戦してきて「全然増えない……」なんて種類があったりするところには注目しておきたいね。

 

もし君が「このコリドラス増やしてみたい!」と思ったら、検索などして「繁殖の前例」があるかどうかを気にしてみたりしよう。

 

コリドラスはどちらか言うと初心者さんからすると「狙って増やす」というより「オスメスそろえたら卵産んだ!」という感覚が強い魚かな。

もし君がコリドラスを「いつか増えたら良いなぁ」という感感覚で、オスメス揃えているのであれば、いつ増えても良いように卵の管理方法なんかをしっかり勉強しておこう。

コリドラスの飼育繁殖まとめ

ベタ

ベタ
この魚をcharmで見る
本店

ちょっと初心者向きかどうかは賛否両論あるかもしれないけど、ベタの繁殖は結構狙ってやれたりするから、はじめての繁殖がベタって人は案外いたりするよね。

ただベタの繁殖はすごくてね……オスとメスがガチファイト、相性悪ければ片方が死んでしまうこともあるんだ。

 

だからこそベタの繁殖は「どういうものか知っている前提」じゃないと手を出さないほうが良いね。

他の魚のように「オスメス仲良く混泳してたら増えた」なんてことは、ほぼできないと思っておこう。

そういう意味では、賛否両論なのは当然かもしれないね。

ベタの飼育繁殖まとめ

 

あと、超産むからね卵。

産んだあとの管理はものすごく大変なことも覚悟しておかないといけないね。

アピストグラマ(のうちのいくつか)

アガシジィ
この魚をcharmで見る
本店

さっきコリドラスのときも同じような話をしたけれど、アピストグラマのなかのいくつかの種類は初心者さんでも繁殖させやすいよ。(つまり繁殖難易度が高い種類もいるってことだね。)

アガシジィとか、このサイトでも話題にさせてもらったボレリーとかは入門種だって言われているよね。

アピストグラマボレリーの繁殖

 

ただ注意したいのは、ベタとはまた違う感じでオスメスのどつきあいがあるってこと。

まぁアピストグラマは喧嘩することで有名な「シクリッド」の仲間だからね。

小型シクリッドの仲間図鑑

 

特に繁殖が絡むとメスが凶暴化することが多いんだ。

そういうところも含めて、繁殖を管理して楽しんでいくと良いと思うよ!

番外編:アカヒレ

アカヒレ
この魚をcharmで見る
本店

アカヒレは繁殖させやすい熱帯魚として知られているけど、実は熱帯魚ではなく温帯魚と言われるものだよ。

熱帯魚とは違う感覚で、無加温飼育(ヒーターなどで水を暖めない飼育)で繁殖をさせれたりもするから、ちょっと深く学んでみよう!

アカヒレの飼育、繁殖

番外編:ミナミヌマエビ

ミナミヌマエビ
この魚をcharmで見る
本店

ミナミヌマエビも増やしやすくていいね。

でもまぁ見ての通り熱帯魚どころか魚ですら無いよね。(ミナミヌマエビは熱帯魚と一緒に飼育されることも多いから、ここで紹介させてもらいたかったんだ。)

だからちょっと魚の繁殖とは違うことも多いんだ。

 

ちょっと注意したいのは、エビは多くの魚からすると餌であるということ。

親エビはよくても稚エビは魚に食べられてしまう……ということは魚との混泳水槽ではよくあることだから、ミナミヌマエビを増やしたい人はミナミヌマエビ単独で飼育するほうが良かったりするよ。(そしてわりと、親エビを食べる魚もいるよ。)

ミナミヌマエビは単独飼育でもすごく楽しませてくれるからね、興味のある人は↓の記事を参考にしながら挑戦してみてほしいんだ1

ミナミヌマエビの繁殖テクニック

まとめ

虫季萌菜虫季萌菜

繁殖法って魚によってぜんぜん違うんですね。


根黒ぷれ子根黒ぷれ子

うん、そうだね。共通することもあったりなかったり。そのあたりがとても面白いよね。


虫季萌菜虫季萌菜

確かに、繁殖ってすごくチャレンジしてみたくなりますわ!


根黒ぷれ子根黒ぷれ子

うん、気持ちはわかるけど、繁殖の鉄則は「成功した場合に増えた魚をどうするか」ってことを考えることだってことを忘れてはいけないよ。特に増えた魚を逃すのは絶対にダメ。


虫季萌菜虫季萌菜

出たーぷれ子さんの上から目線!でもまぁ、そのとおりですね。


根黒ぷれ子根黒ぷれ子

ほんと、一言余分だよなおまえ……。

 

バケツさんとフィッシュさんからのお願い

バケツさんバケツさん

増えた熱帯魚はちゃんと自分で飼育するか、「引き取って貰える友人、お店」を事前に確保しておこう!間違っても川に流したりしてはいけないぜ!


フィッシュさんフィッシュさん

魚は多産なことも多いから、上手く「増やせすぎてしまう」と一般家庭で飼育しきれない数になることもあるってことは、しっかり覚えておくのです!