こんにちは、根黒ぷれ子です。

今日はグッピーの飼育に使いやすい水草について解説していこうと思うんだ!

というわけで、今日の記事は……

「グッピーに水草を入れてあげたいんだけどどんなのが良いかな?」と悩んでいる初心者さん。

そして「ウォータースプライトなんか昔と違うよね?」なんて困っている経験者さん。

どちらにも役立つようなお話をお届けしようと思うから、是非読んでほしいんだ!

「グッピーにはウォータースプライト」はもう古いの?

虫季萌菜虫季萌菜

グッピーにはウォータースプライトって聞いたんですけどホントです?


根黒ぷれ子根黒ぷれ子

ああ、うん。ウォータースプライトはね、相性がとても良いから昔からセットで考えられてきたね。


虫季萌菜虫季萌菜

へぇ。ならウォータースプライト買えばいいんですね!


根黒ぷれ子根黒ぷれ子

いや、それがちょっと最近違う感じでね。


虫季萌菜虫季萌菜

え?

「グッピーにはウォータースプライト」

こう言われていた時代はたしかにあったんだ。

ただ最近は、あまり聞かなくなってきたよね。

これにはいくつか「ああ、もしかして」と思う理由があるんだよね。

 

まず、ウォータースプライトの流通の「状態」

ウォータースプライトは水中にも水上にも葉を展開できる水草なのだけど、水中葉水上葉は結構違うものなんだ。

ウォータースプライト
この水草をcharmで見る
本店

で、最近流通しているウォータースプライトは水上葉が多いんだよ。

だからそのままの状態では、水中に上手に適応できないわけだね。

そういう時は水中葉を出させるようにしていけばよいのだけど、これはちょっとテクニックというか慣れが必要だから上手くできない人も多いんだよ。

 

あとは昔よりもいろいろな種類の水草が流通するようになり、選択肢が増えたというのも理由としては大きいかもしれないね。

 

……というかんじで、ちょっと昔とウォータースプライトを取り巻く事情が変わってきたから、昔ほど「グッピーにはウォータースプライト」だと言われなくなったのかなぁ……なんて私は思うんだ。

 

じゃあ、今グッピー水槽にウォータースプライトを使いたい人はどうしたら良いのだろう。

それは「ウォータースプライトの水中葉」を入手すること。

最近見かけないとはいってもちゃんと水中葉は流通しているから、それを手に入れられれば水槽への導入がグッとやりやすくなるってわけだよ。

 

結構古くからやっているお店とか、グッピーに強いお店とかだと自分の手元で昔から増やし続けているウォータースプライトを持っていたりするからね。

そういうのをゲットできると、かなり良いね!

グッピーに適した水草はどのようなものが良いか?

さてここからはグッピーにはどんな水草が良いかということを考えていこう。(ここはいろいろな意見があるところだとも思うから、私の話は「一例」として聞いてね!)

 

グッピーという魚は「水面付近」を好む魚だよね。

そしてオスがメスをよく追いかけ回したりする魚でもある。

つまり水草はそういった時の逃げ場所になったりもするということ。

そういう意味では、浮かべられるような水草が良いと私は思っているんだ。

 

浮かべてあると水草を取り出しやすいからね、稚魚を隔離するために掬おうとした時にも邪魔にならなくていいよね。

ただオスは大きなヒレを持つから、あんまり水面を水草だらけにしてしまうと動きづらくなってしまうから気をつけてね。

私はグッピーのいる水槽は、水草を浮かべたとしても水面の三分の二くらいはあけるようにしているよ。

大磯
この砂利をcharmで見る
本店

水草を浮かべてばかりじゃなくて植え込みたい……なんて時は「低床」に注目したいね。

グッピー飼育では水草水槽で主流になっているソイルではなく砂利を使うことも多いから、そのあたりの相性をしっかり考えたいんだ。

簡単に言うなら「砂利で育てるなら砂利を好む水草を植える」という感じだね。

 

あと植え付けてしまうと、浮かべる水草とは違い稚魚を掬う時の邪魔になりやすいから、繁殖重視の人はそのあたり気をつけながら選んだりレイアウトしたりしてほしいんだ。

 

さてそんな視点で選んだいくつかの水草をここで紹介していくよ。

君のグッピー水草選びの参考にしてみてね。

マツモ

マツモ
この水草をcharmで見る
本店

水面に浮かべて育つ……というよりかはマツモは元から根がない水草だからね。

細かくて稚魚の隠れ家にもなりやすいし、結構おすすめだよ。

 

ただしよく育つから増え過ぎには注意だね。

水槽から取り出す時は稚魚を巻き込んでしまわないように注意しよう。

アナカリス

アナカリス
この水草をcharmで見る
本店

アナカリスも浮かべておくだけでよく育つ水草だね。

たまに根をおろしたりもするから、ちょっとマツモとは感覚が違うよ。

 

入手も容易だから、マツモが見つからない時の選択肢として覚えておいてもいいと思うよ。

ウォータースプライト

やっぱりグッピーにウォータースプライトは外せないよね。

雰囲気的にもグッピーによく似合う。

 

水中葉を入手できない時は、水面に浮かべて「浮草」として育てても雰囲気が出るよ。

ただその場合は、照明が近いと葉があたってしまって焼けてしまうこと、そして巨大化する可能性があるってことは忘れないようにしよう。

そういうことを考えると、いい感じの水中葉を狙うか、じっくり時間をかけて水中化を狙いたいところだね。

パールグラス

パールグラス
この水草をcharmで見る
本店

パールグラスは植えて育てる水草だけど、浮かべておいても増えたりするね。

 

ここまで紹介したものよりかはちょっと難易度が高く感じるかもしれないけど、慣れたらいい感じで増やすことができる水草だから候補に入れさせてもらったよ。

 

細かくて可愛い葉がいい感じにレイアウトに使えるね。

初心者向けの水草紹介記事で萌菜が語っていたとおり、砂利との相性も良いってのも大きなポイントだね。

バリスネリア・スピラリス

バリスネリア・スピラリス
この水草をcharmで見る
本店

ちょっと大きめの水槽で、砂利を敷いている。

そんな水槽に植え付けると結構いい雰囲気になるんだ。

 

バリスネリア・スピラリスはソイルより砂利のほうがよく育つからね。

大磯とかで飼育することの多いグッピー水槽の演出にぴったりだよ。

ただこの水草は成長速度が早くて根の張りっぷりもなかなかだから、他の種類の水草を植えたい時は配置を考えておこうね。

ウィローモス

稚魚の隠れ家に使う人が多いね。活着させて使うイメージが強いけど、浮かべて(というか沈めて)おいても育つよ。

 

ガッツリ増やすと稚魚が生き残る確率も高くなるから、水槽内だけで繁殖をしたい人にはいいかもしれないね。

ただ増えすぎると汚れも溜まりやすくなってしまう時があるから、そこだけは注意が必要だよ。

掃除とかで水槽から出す時に稚魚を巻き込みやすいから、ウィローモスを水槽から出したい時は、バケツとかプラケースに水槽の水をいれてそこに移動するようにすると、稚魚を殺さずに済むよ。

ウィローモスの育成方法

まとめ

グッピー
この魚をcharmで見る
本店

グッピーの水草は、グッピーをどう育てるかによって選択が変わってくるね。

レイアウト水槽で泳がせたいのか、それとも繁殖重視で行きたいのか。

そのあたりしっかりと考えて選んでいこう。

 

レイアウト水槽の場合は、今日話したとおり水草と低床(底に敷く砂利など)との相性を考えると成功しやすいよ。

グッピーは昔から飼育されている分、水草についてもいろいろ考えられてきたから、機会があれば、グッピーに詳しいお店なんかで相談してみると良いかもね。

 

虫季萌菜虫季萌菜

グッピーって確かにいろんな飼育の仕方がありますね。


根黒ぷれ子根黒ぷれ子

うん、稚魚を見つけやすいようにあえて水草全くなしって人もいるよ。


虫季萌菜虫季萌菜

へぇ、シンプルイズベストみたいな。


根黒ぷれ子根黒ぷれ子

そうだね。ベストな形って人それぞれいろいろあるから結構いろいろ考えることあるよね。


虫季萌菜虫季萌菜

だからこそ水草もちゃんと自分で「選べるように」ならないといけないというわけですね。


根黒ぷれ子根黒ぷれ子

お、珍しくいいこと言うね萌菜。


虫季萌菜虫季萌菜

いや、別に珍しくはないと思うんですけど……。

グッピーの飼育繁殖まとめ