こんにちは、根黒ぷれ子です。

今日はテトラ好きには最高のお知らせがあるんだ!

月刊アクアライフ2019年9月号。

 

特集のタイトルは「新しいテトラ」

 

もうね、ほんと新しいよ。

テトラ好きは買うべき、マニア度満点の驚異の特集

虫季萌菜虫季萌菜

なんか今回の特集、めっちゃくちゃマニア向けじゃないです?初心者ついてこれるんですか?

根黒ぷれ子根黒ぷれ子

あ~そういう感想ねぇ。うんうん、そういう感想になるのも否めないよねぇ。うんうん。

虫季萌菜虫季萌菜

なんですのそのムカつくリアクションは。

根黒ぷれ子根黒ぷれ子

いや、どこからがマニアなのかなぁって思ってさ。

虫季萌菜虫季萌菜

は?

根黒ぷれ子根黒ぷれ子

どんなマニアだって、最初は初心者だったわけだよ。

虫季萌菜虫季萌菜

いや、ほんと今日のぷれ子さん絡みづらいですわ。

新しいテトラ
画像出典元:http://www.mpj-aqualife.com/aqualife.html

はい。初心者向けの話からマニア向けの話まで。

アクアライフっていろんな記事がのってるよね。

 

でも今回のメイン特集「新しいテトラ」はがっつりマニアな雰囲気。

もうお腹いっぱい通り越して攻めてくる、マニアックなテトラ達が誌面を泳ぎまくっていたんだ。

 

「テトラはね、南米にもアフリカにもいるんだよ」と、語りかけてくる、いや畳み掛けてくる大量の写真がね、私の脳内の「テトラ域」をバシバシに刺激してくる。いや、ホント自分でも何言ってるかよくわかんないんだけどね、うん、今月号はそんな感じなんだ。

 

今月号のメイン特集をざっくり見て、私、思ったことがあったんだよね。

 

「うわ、今回の特集……まじりぬき感ある……いや、それだけじゃない、これは珍カラブームの雰囲気もあるぞっ!」って。

 

ちょっと解説すると、まじりぬきというのは昔からあった文化で「一般的な種類に混ざって入荷してきた珍しい種類」を、狙い撃ちで「ぬく」ことなんだよね。

今みたいに「珍しい種類です!」とわけて販売されていることも少なかったからね。そうやって自分で見つけて自分でぬくというのが、当たり前の時代があったんだ。

しかもまじりぬきができるお店と、そうでないお店がある。もちろん、ネットもないし、情報も少ない。質問しようとしても、知ってる人がどこにいるかよくわからない。

そんな中で「ちょっと違う魚」を探していくのは、とても技術のいることだってみんなも想像つくと思うんだ。

 

だから当時のアクアリストの中には「いつかまじりぬきできる人になりたい」と憧れた人も多いんじゃないかな。

 

そしてその後におとずれた「珍カラブーム」

 

要するに、珍しいカラシン……珍しいテトラのブームが起きたんだ。

変わったテトラたちがそれぞれピックアップされ、紹介され始めたあの時代。テトラに注目が集まりまくって「高嶺の花」と言われるようなレアで高価なテトラが、もう何種類も何種類も日本のアクアリウムシーンに現れていったんだ。

それから一旦ブームが落ち着いて……そこに現れたのが今月のアクアライフというわけだね。

 

いやほんとなにがすごいって、テトラって誰もが知ってる「ネオンテトラ」もテトラなんだよ。そしてネオンテトラは昔「超高級魚」だったという歴史があるんだよね。(ネオンテトラだけでなく熱帯魚自体がまだ珍しく、日本でも飼育している人がごく僅かだった時代の話だね。)

つまりその時代のネオンテトラは「珍品」だったわけだ。

その後ネオンテトラが入門種と呼ばれるくらい一般的になり、まじりぬき、珍カラという言葉が生まれた。

 

なんか今月号はそんな、今のテトラ事情につながる大きな流れを感じたよね。

 

きっと人によっては今月号は「マニアック過ぎてよくわかんなかった」と思ってしまうかもしれない。でも、そこで考えるのをやめず、自分の水槽やお店の水槽に泳いでいる「メジャーなテトラ」に目を向けると良いと思うんだ。

ネオンテトラ、カージナルテトラなどなどだね。

そうすれば、高級なレア種も、まとめ買いすると一匹100円以下になるどこでも買える種も、どちらもテトラで、どちらも魅力があるってことがよくわかると思うんだ!

 

 

今月号の最大の魅力、それはきっと「なかなかお目にかかれないテトラ」「マニアックだから目が向かないテトラ」を知ることができて、そこからメジャー種を含むテトラ全体の魅力に気がつけるってことじゃないかな。

そういう意味では、今回はマニアックだからと敬遠せず、なんの知識もない状態で見てもすっごく楽しいものだと思うんだ。

 

あ、そういえば以前萌菜のマシュマロで↓のリクエストくれた人にも、ぜひぜひな一冊だったね。もしこのレビューを見てくれていたら、今月号はぜひぜひ手にとってと超オススメなんだ!

テトラマシュマロ

 

 

さてさて、そんな感じで語らせていただいたけど、ここで今月号の概要をみてみよう!

特集:新しいテトラ

南米、アフリカの新たなテトラを中心に、その美しい姿と飼い込む楽しみをご提案します。

●新しいテトラカタログ/南米編
●新しいテトラカタログ/アフリカ編
●アマゾンの魚を採る!出張編
●アフリカンテトラをより美しく!
●テトラ愛好家訪問
●ローデシア・アルティピンナとエクアドルの魚たち

ほか
小特集など
●メダカ新品種探訪
サンセットほか
●マーレーコッド&サラトガ
オーストラリア2大怪魚を釣る!
●記載経緯から飼育まで
新たな”カマツカ”の魅力に迫る!
●ザ・ベタモード2019
ダブルテールのキャンディほか
●今年も開催!
誌上グッピーコンテスト2019のおしらせ
●夏のアクアイベントinなかがわ水遊園
メダカメダカメダカから00種のメダカ大集合〜
アクアリウムフェア2019
●夏休みの自由研究にいかが
チリモンストラップをつくろう
連載など

・ネイチャーアクアリウムの軌跡
・1種類徹底飼育講座
・観賞魚の病気対策
・レオパ・ライフ

など、盛りだくさんでお届けします!

出典:http://www.mpj-aqualife.com/aqualife.html

 

今月は他にも着生ランの特集とかもあって……いやほんと、まだ読みきれてないよ。テトラ特集もほとんど写真にやられて全然消化できていないからね。今回はホント、目にくるよ。

そんな感じでもうしばらく私の脳は、テトラなんじゃないかな。うん。

 

 

さて、来月の特集はみんな大好き「60cm水槽特集」だね。

私も60cm水槽大好きだからね、すごく楽しみなんだ!

ああ、来月号見るときっと60cm水槽増やしたくなるんだろうなぁ。