はい、こんにちは。根黒ぷれ子です。

今日はアクアライフ2019年10月号のレビューなんだ!

 

特集は60cm水槽!

熱帯魚なめんなの読者さんの中にも「待ってましたこの特集!」って人は多いんじゃないかな?

60cm水槽はいいぞ

虫季萌菜虫季萌菜

ぷれ子さんって60cm水槽大好きですわよね。

根黒ぷれ子根黒ぷれ子

うん、前に書いた記事↓でも話したとおり60cm水槽が基本って言われてた時代があるからね。

虫季萌菜虫季萌菜

今回のアクアライフにもそんな事書いてありましたね。確か「20年くらい前は~(P16より)」とか。ぷれ子さんって、何歳なんです?

根黒ぷれ子根黒ぷれ子

よし!今日のレビュー行ってみよう!

アクアライフ2019/10
画像出典元:http://www.mpj-aqualife.com/aqualife.html

はい。そんなかんじでうん、最近はそうだね、なんだか60cm水槽が基本だって言われなくなってきたよね。

これはちょっと寂しい気もするけど、アクアリウムという趣味が発展しいろいろと選択肢が増えた証拠でもあると思うんだ。

 

ただそれは「使いやすい水槽のサイズの選択肢が増えた」というだけで、60cm水槽の良さというもの自体は、今も変わらず存在している。いや、それもさらに進化している気がするね。

つまり今は昔よりも「60cm水槽はいいぞ!」と言える時代になったというわけだ。

 

今月号のアクアライフでは、そんな「今の60cm水槽」というものがガッツリ掲載されていたね。

あの青枠の水槽の時代から、もうどのくらいたったのだろう……。アクアリウムという文化は、常に試行錯誤され「より良く」を求め続けられたんだって、すごくわかる特集だったよ。

 

じゃあここで一度内容を見てみよう。

特集:60cm水槽でできること、いろいろ、いっぱい!

60cm水槽というサイズでできる思いつく限りの楽しいこと、まとめて紹介!

●水草レイアウトのための60cm水槽
●60cm水槽と水草レイアウトの相性
●パルダリウムのための60cm水槽
●目で見てわかる! 60cm水槽のよいところ
●魚のための60cm水槽
●60cm水槽で飼いたい魚カタログ

●60cm水槽にうってつけ! 上部式フィルターカタログ

ほか
小特集など
●メダカ新品種探訪
巫、巫体外光、極ブラック白タイプほか
●水槽でシングー川を再現!
巨大コミュニティタンク計画
●ベタアップデートvol4
ジャイアントキャンディ&OTHERS
●淡水水槽でも使える!
殺菌灯で快適アクアライフ
●淡水魚の伝統料理
ふなずしを作ってみよう
●新連載
カンボジアの魚と日常
●募集開始!
2020AQUA-Uレイアウトコンテスト
誌上グッピーコンテスト2019
連載など

・ネイチャーアクアリウムの軌跡
・1種類徹底飼育講座
・観賞魚の病気対策
・レオパ・ライフ

など、盛りだくさんでお届けします!

出典:http://www.mpj-aqualife.com/aqualife.html

「60cm水槽でできること、いろいろ、いっぱい!」というタイトルに、60cm水槽に対する思いがこもっている気がするよね。

私にとっても60cm水槽っていうのは思い入れのあるサイズだから、なんだかすごく胸が熱くなるんだ。

 

あ、誤解がないように説明しておくと、今回の特集は決して「60cm水槽大好き人間」だけに向けて作られたものではないよ。

60cm水槽という「基本」と呼ばれた水槽から学ぶアクアリウムノウハウが、しっかり書かれているからね。

初心者さんや、他のサイズの水槽しか触ったことない人もぜひぜひ見てもらうと良いと思うんだ。

特に小型水槽でなかなかうまくいかない人とかね。

きっとたくさんヒントが見つかると思うよ。

60cm水槽って大きすぎず小さすぎずな水槽だから、いろいろと応用が効くノウハウが多いと思うんだ。

 

あとは、これからアクアリウムをはじめてみたいって人も是非見てほしいかな。

60cm水槽で「なにができるか」という実例をたくさん見せてくれるからね、アクアリウムの可能性がよく分かると思うよ

 

さてさて、来月号のアクアライフは秋のメダカ特集みたいだね。

いや、もう秋だね。季節の変わり目はアクアリウムのトラブルも多いから、気を引き締めてがんばっていかないとね!

あとがき

60cm水槽ってほんと、いろいろな意味でバランス良いよね。昔から「基本」と言われていただけあるよ。60cm水槽はある意味私にとっても、先生みたいな存在かな。

ああ、新しい水槽ほしいなぁ。

本日の記事に登場した用品まとめ

※商品ページへのリンクは各自リンク先の内容をご確認の上、自己責任にてご利用くださいますようお願いいたします。

根黒ぷれ子根黒ぷれ子

アクアリウムというものをより楽しめるようになる一冊だと思うんだ!

月刊アクアライフ2019年10月号 Amazon