こんにちは、根黒ぷれ子です。

 

今日はアクアライフ2019年12月号のレビューなんだ!

特集は、それぞれの水槽生活

水槽生活と書いてアクアライフと読む!様々な飼育者さんの飼育環境をまとめて見れる、アクアリスト必見の一冊だったんだ!

お宅訪問はいつ見ても面白い

アクアライフ12月号
画像出典元:http://www.mpj-aqualife.com/aqualife.html
根黒ぷれ子根黒ぷれ子

来たね!アクアライフのお宅訪問号!

虫季萌菜虫季萌菜

今回私が以前お世話になってた人が出ててビビったですわ。

根黒ぷれ子根黒ぷれ子

鰐さんだね!

虫季萌菜虫季萌菜

そうなんですの!今月号開いたら鰐さんいてびっくりですわ!

根黒ぷれ子根黒ぷれ子

今月号の鰐さんのページ、すっごく素敵だったよね。

虫季萌菜虫季萌菜

ええ、鰐さんが鰐を……!

根黒ぷれ子根黒ぷれ子

うん、鰐さんの鰐めっちゃ可愛かったね……!

はい、そんな感じで今回はお宅訪問号なんだ!

 

今萌菜が言っていたとおり、以前熱帯魚なめんなのインタビューを受けてくれた鰐さんが出ていたんだよね!

鰐さんの生き物への深い愛、生き物を飼うとはどういうことか。すごくすごく伝わってくるページだったんだ!

やっぱり鰐さんは、熱い、熱い、本当に熱い人だね!

改めまして、あの時はインタビューに答えてくれてありがとうございました!

 

そんな感じで、激熱アクアリストが多数登場するお宅訪問号。もうね、なんていうかさやっぱり熱いよね。うん、熱い。

飼育環境や記事から伝わってくるこだわり。そして愛。愛!

本当に今月号は、言葉にするのが難しいんだ。なんというか、アクアリウムは「人」がやるものなんだって。すごくすごく思ったよ。

 

これは私の主観なんだけど、今月号は「初めてのアクアライフ」にぴったりだと思うんだ。

今までアクアライフを買ったことない人の一冊目としてね!

 

いろいろな人のこだわりの水槽、そして月刊ホビージャパンとのコラボ企画「レイアウト水槽でのガンプラディオラマ作り」の第一回などなど。

アクアリウムというものの幅広さを、ガチで感じられる号だからね。

 

さてここで一度、今月号の内容一覧を見てみよう。

特集:マイアクアリウムスタイル2019
それぞれの水槽生活
年末号恒例! 全国のアクアリスト宅にお邪魔するお宅訪問特集です。個性豊かな14人のアクアリストを一挙紹介!
小特集など
●頂上決定
世界水草レイアウトコンテスト2019
●月刊ホビージャパンとコラボ企画
レイアウト水槽でガンプラディオラマを作る!
●レポート
テトラオドン・ショウテデニィの繁殖
●アジア迷宮紀行
カンボジア南部にベタを求めて
●新連載
ネイチャーアクアリウムクリエイターズ
●新連載
シュリンプ for Biginners
連載など

・新しいグッピー飼育の教科書
・1種類徹底飼育講座
・観賞魚の病気対策
・アマゾン河をのぞいてみたら
・川魚事始め
・ワイルドベタの扉をあけて
・キリーフィッシュエンスー
・アクアフィーチャー
・熱帯魚擬人化図鑑

など、盛りだくさんでお届けします!

出典:http://www.mpj-aqualife.com/aqualife.html

 

「テトラオドン・ショウテデニィの繁殖」とかほんとマニアックだったよね。「1種類徹底飼育講座」はクローキンググーラミィ。

そんな感じで、特集記事以外にも濃い話がたくさんなんだ。

 

今月号を読んでいたら私は、はじめてアクアライフを読んだ時を思い出したよ。

何年の何月号かは忘れてしまったんだけど、あの時の私は飼育経験も浅くて、ただただアクアライフにのっている「自分の知らないアクアリウムの世界」に魅了されていたんだ。

なんていうかストレートに「羨ましい」だったり「いつか自分でもこんな水槽を」だったり。夢を持って読んでいた気がするんだよね。

そして、一冊を読む時間が長かった。

半年とか、長い期間一冊をずーっと読んでた。その期間を経てやっと一冊を消化できるって感じで、一冊をほんとうの意味で読み終えるまで結構時間かかってたんだよね。

 

そして、それは今もなんだかんだ変わっていない気がするんだ。

 

アクアライフってさ、いろいろな魚が出てくるでしょ?当然それぞれ特徴も違うし、生態も違う。アクアリウムという大きな枠という共通点はありながらも、はっきり言って別物だ。

だから一個づつ、しっかり消化しようとするとすっごく時間がかかるんだよね。

 

そんな経験があったからこそ、私は定期購読に至ったのだろうね。

一気に「読む」ことはできても「消化」には時間がかかる。なら、とりあえず一年分揃えるだけ揃えてしまえばいいんじゃないかって。本棚に入れておきさえすれば、後から気になった記事を自由なタイミングで掘り下げていくことができるって感じでね。

 

と、こんな事を考えてたらもう一つ気がついたことがある。

こういう風になるのは「趣味」のことだけだって。

変な話だけど私「読む」だけなら多分そんなに時間かからないんだよ。でも、アクアライフなど「アクアリウム関連」だと妙に時間がかかってしまう。

やっぱり趣味の事って真剣に読みたくなるし、いろいろ考えてしまうから消化に時間がかかるのかな。楽しくてついつい読んでしまうものでありつつ、一点気になる事があるとそればっかり調べてしまうし……と、なかなか効率よくだったり、幅広くって目線を持ちにくいんだよね。

もしかするとそれは、一応自分がある程度の「基礎」を覚えた後だからかもしれない。今でも新しく飼育しはじめた魚の情報など急ぎで身につけたい知識は何よりも優先するけど、急がなくて良い知識は「本能」と「興味」の赴くまま、一点気になるならそればっかり自由に見る。

でもなんだかんだ後のためにも、一冊ざっと目を通すということもしていたりしていなかったり。まぁ、本当に好き放題読んでいる感じなんだよ。

 

うん、なんだか今月号は私ってアクアリウム好きなんだなぁって改めて思った、そんな号だったよ。

 

さてさて、アクアライフの来月号は……小さくて個性的な水槽でのレイアウト。

これはまた「いざ小さい水槽で楽しみたくなったときのために」抑えておきたい一冊感あるよね!

 

というわけで今月のレビューも読んでくれてありがとうなんだ!

フィッシュさんフィッシュさん

読者の皆様の「はじめてのアクアライフ」話、よかったらコメント欄で聞かせてくれたら嬉しいのです!

根黒ぷれ子根黒ぷれ子

お、フィッシュさん久しぶりだね。

フィッシュさんフィッシュさん

ふふ、Twitterで呼んでいただいたので。